So-net無料ブログ作成

カレント雲の基本的な使い方と考察 [FX]

カレント雲は一目均衡表の先行スパンでつくられる雲を現時点(当日を含む26日分先行しているので25日分)に戻したものです。

カレント雲を形成する【スパンA】と【スパンB】は以下になります。

【スパンA】(転換線+基準線)÷2

【スパンB】(過去52日間の高値+安値)÷2

【スパンA】と【スパンB】で作成された雲が【ゾーン】です。。

【スパンA】>【スパンB】の時が【サポートゾーン】

【スパンA】<【スパンB】の時が【レジスタンスゾーン】

です。

ここで一目均衡表の転換線・基準線はどういう働きをしていたか思い出して下さい。

上昇相場で基準線、転換線は押し目買いのポイントになる。

下降相場で基準線、転換線は戻り売りのポイントになる。

【スパンA】は転換線と基準線の和の半値線ですから、上昇相場では押し目買いの、下降相場では戻り売りのポイントになるという事です。

併用しているのはEMA(20)のボリンジャーバンドです。

上昇相場での【スパンA】を使っての押し目買い
※EMA(20)でもできる事を再確認

カレント雲1.png

下降相場での【スパンA】を使っての戻り売り
※EMA(20)でもできる事を再確認

カレント雲2.png

次にゾーンの色の転換はシグナルになるかと云う考察です。

【スパンA】と【スパンB】をある種の移動平均線を考えてみれば結果は明らかでしょう。

『著名なトレーダー・運用システム設計者であるラリー・ウィリアムズは、2つの移動平均のクロスについて研究するが、結局2つの移動平均を併用するアプローチはトレンドの将来予測では機能しないということがわかった。ラリーが膨大なデータ処理の挙句、辿り着いた結論は、移動平均のシステムでは「将来に当てはめた場合、確実だったのは手数料ぐらいのものだ」ということだった。

「ある分析結果はそのまま将来に適用して機能するわけではない」のだ。過去に優良な結果をもたらしたパラメータを将来に適用するという最適化というプロセスでは、儲けることはできないというのがラリーの結論である。』 (某書より引用)

簡単に云うと、移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスはシグナルにならないと云う事です。

ゾーンの色の転換はシグナルにはならないと云う事は自明の理ですね。

ゾーンの色の転換がシグナルにならない例
カレント雲3.png

それではカレント雲でのエントリ-やエグジットはどうするのかという事ですが・・・。

私は併用しているボリンジャーバンドをエントリ-やエグジットのシグナルにしています。

ボリンジャーバンドの使い方はご存じですよね。±2σのタッチの反発では失敗しますよ。

カレント雲は相場が上げ相場か下げ相場を判断し、ボリンジャーバンドのミドルラインをサポートするものです。

カレント雲の使い方はまだまだ色々ありますが、取り敢えず基本だけですが・・・。

FX ポータル

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。