So-net無料ブログ作成
検索選択

MA_ribbon_shifted_mq4 [FX]

今度はカレント雲の逆の発想をしてみました。
カレント雲ではボリンジャーバンドを併用しましたね。
カレント雲のスパンAは押し目買いや戻り売りの線として使いました。
その時、ボリンジャーバンドのミドルラインのEMA20も押し目買いや戻り売りの線として使っていましたね。
EMA20とEMA50をMA_ribbonを使ってゾーンを作り、25期間先行させてみました。
shift1.gif
比較するためにカレント雲と一目均衡表の雲も表示しました。
shift2.gif
MA_ribbonをシフトさせると、それをサポートゾーンやレジスタンスゾーンとして使えるのではないかということです。
それではいくつシフトさせればいいのか、問題になりますね。
今回は一目均衡表と揃えるために25にしましたが・・・。
日本の株価チャートではSMA5・SMA25・SMA75・SMA200が基本ですが、FXでは長期移動平均線はEMA200が一番使われていますし、一番機能していますね。
200を素因数分解すると
ema200.png
2・4・5・8・10・20・25・40・50・100が約数ですね。
週の5日が基本ですし、やはり短期移動平均線ではEMA20がGoogleで検索しても一番使われています。
フィボナッチ数のEMA21もよく使われていますが、EMA25は少ないですね。
それといつも不思議に感じるのですが、転換線(9)・基準線(26)の半値線のスパンAがEMA20がいつもぴったり絡み合うのですね。
それでEMAに合わせてシフトするのは20がいいのかもしれないのが結論です。
20期間先行させたMA ribbon(先行スパン)と20期間遅行させたラインチャート(遅行スパン)表示してみました。
shift3.gif
これで一目均衡表の成り立ちが少しわかるのでは。
またMA_ribbonのシフトの基になるEMAと一目均衡表の雲を形成する半値線のメリット、デメリットもわかるのではないでしょうか。
ただ、ぱっと見で相場を把握できる事は両方ともに通じると考えております。
今回も自分でインディケーターを作りましたが、Forex-TSDにma ribbon fillled + shift.mq4がアップされてありました。
お試しください。

FX ポータル

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。