So-net無料ブログ作成
検索選択

一目均衡表の修正 [FX]

一目均衡表の修正.png

メタトレーダー4がアップデートされ、中のプログラム言語も多少変わりましたが、デフォルトの一目均衡表は本来の一目均衡表とやはりずれたままになっていました。

基準線と転換線は正しく表示されていますが、雲は前方に、遅行スパンは後方に一日ずれています。

デフォルトの一目均衡表は色を含めてそのままで表示してます。

修正後の一目均衡表の雲はRoyalBlue・Crimson、遅行スパンはYellowで表示してます。

この雲と遅行スパンのずれが何故起こるかという事ですね。

このずれは一目均衡表の5本の線はすべて【当日を含む事】をきちんと理解してない事からです。

私のブログの一目均衡表の解説から記事を持ってきました。

【基準線】(当日を含む過去26日間の高値と安値)÷2
       当日を含む過去26日間の半値の位置で単純移動平均線ではありません。

【転換線】(当日を含む過去9日間の高値と安値)÷2
       当日を含む過去9日間の半値の位置で単純移動平均線ではありません。
 

【先行スパン1】(転換線+基準線)÷2を(当日を含めた26日先すなわち)25日先にシフトした線

【先行スパン2】(過去52日間の高値+安値)÷2を(当日を含めた26日先すなわち)25日先にシフトした線

【雲】先行スパン1・2の間で形成される抵抗帯

【遅行スパン】当日の終値を(当日を含めた26日前すなわち)25日前にシフトした線
         ちなみに遅行スパンは25日前にシフトさせた単純移動平均線です。
 
大切な事は先行スパンは(当日を含めた26日すなわち)25日前に、遅行スパンは(当日を含めた26日すなわち)25日後にシフトしたものだと云う事です。

あなたは単に先行スパンは26日前に、遅行スパンは26日後にシフトしたものと誤解していませんでしたか?

結構、一目均衡表を解説している書籍やブログもこの【当日を含む事】をきちんと理解せずに解説している事が多いです。

検証していませんが、FX会社が提供しているチャートも間違っているかもしれませんね。

また雲と遅行スパンがずれたままで、雲の移動させFXの手法を解説している方もおられますが、この根本的な事が間違っていたら手法自体の信頼性にはっきり言って疑問符が付きますよね。

またメタトレーダー4の一目均衡表の雲と遅行スパンのずれを【当日を含む事】が原因だと指摘されいるサイトがありましたが、この方はメタトレーダー4は先行スパンは27日前に、遅行スパンは27日後にシフトして表示されているとおっしゃっていました。

この方は【当日を含む事】と言いながら、先行スパンは26日前に、遅行スパンは26日後に単にシフトしたものと誤解されているのと、実際にプログラム上で一目均衡表の先行スパンや遅行スパンをシフトして検証していないのでしょうね。プログラムに単に±25と±26を入れて比較すればいい事ですから。

メタトレーダー4のデフォルトの一目均衡表の先行スパンは26日前に、遅行スパンは26日後にシフトして表示されています。

本来の一目均衡表の先行スパンは(当日を含めた26日すなわち)25日前に、遅行スパンは(当日を含めた26日すなわち)25日後にシフトしたものです。

だから、メタトレーダー4のデフォルトの一目均衡表の雲は前方に、遅行スパンは後方に一日ずれているのです。

貴方は「Ichimoku.mq4」のプログラムソースを書き換えられますか?

新しいバージョンでもデフォルトのプログラムソースを最低限5カ所修正すればいいだけですから。

以下は先行スパンと遅行スパンのシフトの関わる部分です。

SetIndexShift(2,InpKijun);→ SetIndexShift(2,InpKijun-1);
SetIndexShift(5,InpKijun);→ SetIndexShift(5,InpKijun-1);
SetIndexShift(3,InpKijun);→ SetIndexShift(3,InpKijun-1);
SetIndexShift(6,InpKijun);→ SetIndexShift(6,InpKijun-1);
SetIndexShift(4,-InpKijun);→ SetIndexShift(4,-InpKijun+1);

デフォルトのインディケータの修正を開いて、上記の修正をして左上のFile、Save As...、「Ichimoku_modified」などと保存をして再起動する。これだけです。

前のバージョンのプログラムソースとの違いも比べて下さい。

SetIndexShift(2,Kijun);→ SetIndexShift(2,Kijun-1);
SetIndexShift(5,Kijun);→ SetIndexShift(5,Kijun-1);
SetIndexShift(3,Kijun);→ SetIndexShift(3,Kijun-1);
SetIndexShift(6,Kijun);→ SetIndexShift(6,Kijun-1);
SetIndexShift(4,-Kijun);→ SetIndexShift(4,-Kijun+1);

プログラムに興味を持たれる方の一助になればと思って再掲載しました。

これができれば、一目均衡表の雲の現時点へのシフト、【カレント雲】も作れるでしょう。

それからたまたま私の以前の記事【3本のRCIとCCIとボリンジャーバンド】のコピペサイトを発見しました。どこかで見た事あるなと思ったら...。コピペ大流行ですね。取り敢えず、私の記事を復活させておきました。
私のはこちらです。(2014.04.06)

FX ポータル

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。