So-net無料ブログ作成

半値雲(HalfPrice_Cloud.mq4)と半値雲シフト版(HalfPrice_Cloud_shifted.mq4)とMTF版(MTF_HalfPrice_Cloud.mq4) [FX]

一目均衡表の雲は

 【先行スパン1】(転換線+基準線)÷2を(当日を含めた26日先すなわち)25日先にシフトした線

 【先行スパン2】(過去52日間の高値+安値)÷2を(当日を含めた26日先すなわち)25日先にシフトした線

 【雲】先行スパン1・2の間で形成される抵抗帯

でしたね。

その雲を現時点にシフトさせたカレント雲は

 【スパンA】(転換線+基準線)÷2

 【スパンB】(過去52日間の高値+安値)÷2

でしたね。

パラメータは3つで(9、26、52)で形成されています。

MA_ribbonのように二つのパラメータで、即ち2本の半値線で雲ができないかという事です。

探してみましたが、2つのパラメータの半値線でできた雲のインディケータはなかったです。

だっだら、とりあえず、基準線と転換線で雲を作ってしまいましょうという事でできたのが半値雲です。

halfprice_cloud.png

一応、期間9と期間26、即ち転換線と基準線の雲と期間9と期間52、転換線と52の半値線の雲を合成してみました。

これでお好みの期間の半値線で例えば、期間20と期間50の半値線の雲もできますでしょう。

halfprice1_cloud.png
(期間20と期間50の半値線の雲)

半値雲(HAlfPrice_Cloud.mq4)を作ってMA_ribbonの時と同じようにシフト版とMTF版を作ってみました。

一目均衡表の3つのパラメータ(9,26,52)ではなく、(20,50)等、2つのパラメータなので自由度があるような気がします。

取り敢えず、Tenkan(20)・Kijun(50)で作ってみました。

5分足でシフトは25で、60分足の雲を表示してます。

halfprice_cloud1.png

一目均衡表のパラメータを考えた時、一目均衡表が作られた時代の営業日は26日でした。

今は営業日が21日と考えて欧米では(7、21、42)や(7、22、44)やフィボナッチの(8、21、55)を使う場合もあります。

色々パラメータを考えた時、現在は週5日営業ですから、日足では5の倍数が基本になりますし、週足では365÷7≒52だから13の倍数が基本ですね。

時間足では24の約数は2、3、4、6、8、12、ですね。

分足では60の約数は2、3、4、5、6、10、12、15、20、24、30、ですね。

それぞれの時間足で自分にあったパラメータを試してみてはいかがでしょう。

FX ポータル

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

一目均衡表の簡易修正版とカレント雲の簡易版の無料公開 [FX]

一目均衡表の簡易修正版とカレント雲の簡易版をFXおきらくわーるど倉庫で無料公開します。

一目均衡表の簡易修正版(Ichimoku_M.mq4)
Mはmodifiedの略号です。

カレント雲(最低限)(Ichimoku_C.mq4)
CはCurrent Cloudの略号です。

【カレント雲】(Ichimoku_Current_Cloud.mq4)ついては私のブログ記事を読んでください。

(おまけの画像)

RCI_three.exはex4ファイルですから、今回のメタトレーダー4のアップデートで使えなくなったので、RCI_buffers_3.mq4を早速作りました。
私のブログの記事【3本のRCIとCCIとボリンジャーバンド】はこちらです。

BB7_RCI3.png

FX ポータル

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

カレント雲(一目均衡表の雲の現時点へのシフト)の最低限の作成方法 [FX]

一目均衡表の雲の修正を前の記事で説明しましたね。

もう一度、再掲します。

SetIndexShift(2,Kijun);→ SetIndexShift(2,Kijun-1);
SetIndexShift(5,Kijun);→ SetIndexShift(5,Kijun-1);
SetIndexShift(3,Kijun);→ SetIndexShift(3,Kijun-1);
SetIndexShift(6,Kijun);→ SetIndexShift(6,Kijun-1);
SetIndexShift(4,-Kijun);→ SetIndexShift(4,-Kijun+1);

これらは先行スパンと遅行スパンのシフトに関わる部分でしたね。

カレント雲、即ち一目均衡表の雲の現時点へのシフトするは先行スパンのシフトに関わる部分をコメントアウトするか、削除すればいいのです。

SetIndexShift(2,Kijun);→ 削除
SetIndexShift(5,Kijun);→ 削除
SetIndexShift(3,Kijun);→ 削除
SetIndexShift(6,Kijun);→ 削除

コメントアウトした場合
comment out.png

私はカレント雲を使う時は遅行スパンを使いませんが、もし残しておきたければ、

SetIndexShift(4,-Kijun);→ SetIndexShift(4,-Kijun+1);

一目均衡表の時のように修正してください。

これが【カレント雲】(Ichimoku_Current_Cloud.mq4)の最低限の作り方です。

私はMTF版(MTF_Ichimoku_Current_Cloud.mq4)も作りましたが、同じくMTF版でシフトできる優れ物を公開しているサイトを紹介しておきます。

私はFai_KumoMTF.mq4と名付けてますが。(作者はfaiさんですから)

Senko_Shift 0 の場合が一目均衡表の雲が現時点へのシフトした時の正しい位置です。

だからこのインディケータに付いている元の名前の人の雲は一日前にずれていると云う事です。(笑)

それからたまたま私の以前の記事【3本のRCIとCCIとボリンジャーバンド】のコピペサイトを発見しました。どこかで見た事あるなと思ったら...。コピペ大流行ですね。取り敢えず、復活させておきました。
私のはこちらです。(2014.04.06)

FX ポータル

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

一目均衡表の修正 [FX]

一目均衡表の修正.png

メタトレーダー4がアップデートされ、中のプログラム言語も多少変わりましたが、デフォルトの一目均衡表は本来の一目均衡表とやはりずれたままになっていました。

基準線と転換線は正しく表示されていますが、雲は前方に、遅行スパンは後方に一日ずれています。

デフォルトの一目均衡表は色を含めてそのままで表示してます。

修正後の一目均衡表の雲はRoyalBlue・Crimson、遅行スパンはYellowで表示してます。

この雲と遅行スパンのずれが何故起こるかという事ですね。

このずれは一目均衡表の5本の線はすべて【当日を含む事】をきちんと理解してない事からです。

私のブログの一目均衡表の解説から記事を持ってきました。

【基準線】(当日を含む過去26日間の高値と安値)÷2
       当日を含む過去26日間の半値の位置で単純移動平均線ではありません。

【転換線】(当日を含む過去9日間の高値と安値)÷2
       当日を含む過去9日間の半値の位置で単純移動平均線ではありません。
 

【先行スパン1】(転換線+基準線)÷2を(当日を含めた26日先すなわち)25日先にシフトした線

【先行スパン2】(過去52日間の高値+安値)÷2を(当日を含めた26日先すなわち)25日先にシフトした線

【雲】先行スパン1・2の間で形成される抵抗帯

【遅行スパン】当日の終値を(当日を含めた26日前すなわち)25日前にシフトした線
         ちなみに遅行スパンは25日前にシフトさせた単純移動平均線です。
 
大切な事は先行スパンは(当日を含めた26日すなわち)25日前に、遅行スパンは(当日を含めた26日すなわち)25日後にシフトしたものだと云う事です。

あなたは単に先行スパンは26日前に、遅行スパンは26日後にシフトしたものと誤解していませんでしたか?

結構、一目均衡表を解説している書籍やブログもこの【当日を含む事】をきちんと理解せずに解説している事が多いです。

検証していませんが、FX会社が提供しているチャートも間違っているかもしれませんね。

また雲と遅行スパンがずれたままで、雲の移動させFXの手法を解説している方もおられますが、この根本的な事が間違っていたら手法自体の信頼性にはっきり言って疑問符が付きますよね。

またメタトレーダー4の一目均衡表の雲と遅行スパンのずれを【当日を含む事】が原因だと指摘されいるサイトがありましたが、この方はメタトレーダー4は先行スパンは27日前に、遅行スパンは27日後にシフトして表示されているとおっしゃっていました。

この方は【当日を含む事】と言いながら、先行スパンは26日前に、遅行スパンは26日後に単にシフトしたものと誤解されているのと、実際にプログラム上で一目均衡表の先行スパンや遅行スパンをシフトして検証していないのでしょうね。プログラムに単に±25と±26を入れて比較すればいい事ですから。

メタトレーダー4のデフォルトの一目均衡表の先行スパンは26日前に、遅行スパンは26日後にシフトして表示されています。

本来の一目均衡表の先行スパンは(当日を含めた26日すなわち)25日前に、遅行スパンは(当日を含めた26日すなわち)25日後にシフトしたものです。

だから、メタトレーダー4のデフォルトの一目均衡表の雲は前方に、遅行スパンは後方に一日ずれているのです。

貴方は「Ichimoku.mq4」のプログラムソースを書き換えられますか?

新しいバージョンでもデフォルトのプログラムソースを最低限5カ所修正すればいいだけですから。

以下は先行スパンと遅行スパンのシフトの関わる部分です。

SetIndexShift(2,InpKijun);→ SetIndexShift(2,InpKijun-1);
SetIndexShift(5,InpKijun);→ SetIndexShift(5,InpKijun-1);
SetIndexShift(3,InpKijun);→ SetIndexShift(3,InpKijun-1);
SetIndexShift(6,InpKijun);→ SetIndexShift(6,InpKijun-1);
SetIndexShift(4,-InpKijun);→ SetIndexShift(4,-InpKijun+1);

デフォルトのインディケータの修正を開いて、上記の修正をして左上のFile、Save As...、「Ichimoku_modified」などと保存をして再起動する。これだけです。

前のバージョンのプログラムソースとの違いも比べて下さい。

SetIndexShift(2,Kijun);→ SetIndexShift(2,Kijun-1);
SetIndexShift(5,Kijun);→ SetIndexShift(5,Kijun-1);
SetIndexShift(3,Kijun);→ SetIndexShift(3,Kijun-1);
SetIndexShift(6,Kijun);→ SetIndexShift(6,Kijun-1);
SetIndexShift(4,-Kijun);→ SetIndexShift(4,-Kijun+1);

プログラムに興味を持たれる方の一助になればと思って再掲載しました。

これができれば、一目均衡表の雲の現時点へのシフト、【カレント雲】も作れるでしょう。

それからたまたま私の以前の記事【3本のRCIとCCIとボリンジャーバンド】のコピペサイトを発見しました。どこかで見た事あるなと思ったら...。コピペ大流行ですね。取り敢えず、私の記事を復活させておきました。
私のはこちらです。(2014.04.06)

FX ポータル

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

メタトレーダー4のアップデート問題とインディケータの取り込みについて [FX]

たまたまパソコンのハードディスクの調子が悪くなって、パソコンをセットアップしてメタトレーダー4をダウンロードしたら何か変。

ファイルの表示が変わっているし、いつもの様にインディケータが取り込めませんでした。

私は3台パソコンを使っているのですが、問題なかったパソコンをよくよく見ると富士通のパソコンのインディケータのファイルに5の表示が、東芝のパソコンのインディケータのファイルに4の表示が付いていました。
最近、新たにインディケータを取り込む事がなかったので、今日(3月30日)まで全然気が付きませんでした。

ファイルに付いている5はメタトレーダー5のファイルと云う事なのでしょうか?

9d2854dad0837e9acdeb97b25ba69522.png

6f62d40f917e18aa379bfcfb9b451042.png

ネットで調べてみると、メタトレーダーが2月にアップデートされて大変な事になっているのですね。

メタトレーダーのバージョンを見るとBuild 625でした。いつの間に?

アップデートされたメタトレーダー4の中のプログラム言語を見てみると以前とは変わっていますね。
また、勉強しなさいと云う事かしら。

ちなみに折角アップデートしたのに、一目均衡表のデフォルトは間違ったままでした。
この程度は簡単に修正できましたが・・・

さて、最初メタトレーダー4がきちんとダウンロードできてないのではと考え、コントロールパネルではずそうとしたら、アンインストールできず、「Meta Trader 4をアンインストールするには必要なアクセス権がありません。システム管理者に問い合わせていださい。」と表示されました。

01970850633c10e308f1a494ebdc58a0.png

私、システム管理者ですけど・・・。

結局、コンピューターでハードディスクドライブを開いて、メタトレーダー4のファイルを削除しました。

再度、ダウンロードしても、やっぱり、インディケータを取り込めない状態は変わりませんでした。

ここで、ちょっと考えたのが、ファイルが5になっている富士通のパソコンから、セットアップしたパソコンにインディケータを送る事でした。

ここで驚く事がおこりました。

セットアップしたパソコンにインディケーターをいつもの様に入れたのですが、これは表示されません。

でも、たまたまファイルを開いただけのインディケーターが表示されたのです。(当然、ファイルを開くにはmq4のファイルでないとできませんが)

5と表示されたインディケーターのファイルをメールに添付して、新しくメタトレーダー4をダウンロードしたパソコンに送りファイルを開いただけで表示されました。

これを繰り返していくと大体うまく行けましたが、中にはファイルの色が灰色になっているのがあり、それはチャートに表示できませんでした。

ただ、この方法はメタトレーダー4を新しくダウンロードした時に使えませんから、色々情報を仕入れ試行錯誤を繰り返しました。

取り敢えず一素人女性の結論ですが、ご参考になれば幸いです。

今まで普通にやっていたスタートメニューからコンピューター、ハードディスクドライブ、ProgramFiles (×86)、MetaTrader 4、MQL4、Indicatorsの順に開いてインディケータを入れる方法は駄目です。
(以下、駄目な時の画像です。)

285415ff44b558983a630078651ddba5.png

1d5711e86a7265baf880bc2a46757d7c.png

まず、メタトレーダー4を起動させ、左上のファイルを開くと、新しくデータフォルダを開く(D)という項目があり、それを開いてMQL4、Indicatorsからインディケータを入れます。

2014040321104337.jpg

0331094ae405ce4da2bacb968170eb63.png

8fb2b18a90270072e3deae1b04f9da48.png
駄目な時と画像が違うのがわかるでしょうか?

次に導入するインディケータのファイルがmq4とex4の違いについて説明します。

インディケータがmq4のファイルの時、再起動するとメタトレーダー4に黄色のファイルが表示された時はコンパイルされたex4のファイルができて、そのインディケターがチャートに表示されれば、それでインストール成功です。

ただインディケータがmq4のファイルの時、再起動してメタトレーダー4に黄色のファイルが表示されてコンパイルされたex4のファイルができてもチャートに表示されない場合がありました。
その時はインディケータの修正を開いて左上のFile、Save As...、名前をそのまま保存をして再起動したらチャートに表示される場合があります。RCIの場合がそうでした。

インディケータがmq4のファイルの時、再起動するとメタトレーダー4に灰色のファイルが表示された時は、取り敢えずインディケータの修正を開いて左上のFile、Save As...、名前をそのまま保存をして再起動してみて下さい。
また灰色のファイルが表示された時はインストールは無理と判断しました。
プログラムソース自体に問題あると考えられます。

f3de3de84bff602d0f1efa9c43a4936a.png
(Magnified Market Priceがmq4ファイルの場合)

9ffd2873e613f9b6c10b5859e9313e70.png
(Indicatorsの中です)

インディケータがコンパイルされたex4のファイルの時、これは再起動しても灰色のファイルが表示されるだけでした。コンパイルされているファイルなのでファイル(の修正)を開く事ができません。

12a2562ca2775d5399d2e574dc0c06df.png
(Magnified Market Priceがex4ファイルの場合)

インディケータがコンパイルされたex4のファイルの時はどうしようもありませんでした。

ここで、やはりex4ファイルをデコンパイルできないかと考えますよね。

これは絶対やってはいけません。これは著作権の侵害です。

それからex4ファイルのコンパイルを外すためにデコンパイラーと云うソフトがありますが、そのサイトでクリックすると大体ウイルスソフトが必ず警告を発します。
そのまま続行すると色々なソフト購入させられたり、ウイルスに感染させられたり、ひどい目に遭いますよ。
君子、危うきに近寄らずです。

万一、デコンパイラーを手に入れても、今回にアップデートはデコンパイル対策とも云われてるそうですから、デコンパイラーを使えない可能性が高いです。

多くのEAがコンパイルされたファイルでできているので、これが今回のアップデートの最大の問題なのでしょうね。

あと、デフォルトのインディケータを修正して左上のFile、Save As...、保存をして再起動するのは当然できましたから、自分で修正したり、プログラムを自分で組んでコツコツやることですね。

でも今回のアップデートは無断でメタトレーダー4を使ってコンパイルファイルでインディケータやEAで金儲けをしている人たちにとっては死活問題ですね。

以上です。

FX ポータル

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。